名も亡き君と摩天楼の頂にて ー冒頭ー

『あなたが初めての読解者です』どうも。こんにちは僕ですえ?僕って誰だよwってなりますよね……はは…うーん…でも、この物語はそういう物語なんです。僕は一応、〝真理の子〟と名付けられてます。えぇ。…そうですね実に中二病臭いと言うか…痛いと言うか。けれ…